医学部に合格したいなら塾選びが大切|難関校に入る方法

進学先に役立つ情報

学生

特徴や良さを知る

短期大学とは、大学での学習を短期間で学び、実習や研修も大学と比べて多く取り入れられてあるのが特徴です。つまり、さまざまな知識を育みながら、社会ですぐに活躍できるような養成も充実しています。学ぶ期間は主に2年制ですが、医療系となると3年制のところもあります。短期大学で取得できる資格は、小学校教諭や幼稚園教諭などがあります。全国でその数は346校あり、約13万人が短期大学で学んでいます。短期大学は、大学と比べると学習量が多く忙しい学生生活が予想されます。そして、2年生へ進むと実習や研修が増えてくるところもあり、学ぶ内容も幅広くなっていきます。昔は女子のみを入学対象とした短期大学も多かったのですが、今は少子化の影響で共学にするところが目立ってきました。今では多くの男子が進学できるようになり、女子にこだわらない教育が浸透しています。短期大学を卒業すると短期大学士という称号が与えられます。これは学科ごとに称号がわかれており、就職にも影響するような学位です。また、短期大学は途中から大学へと編入することもでき、在学中や卒業と同時に行えるようになっています。学習をもっと追求したい場合や就職先を考えたい場合には、このような編入制度は役に立ちます。こうした短期大学の情報は、あらかじめ入念に調べておくと納得できる進学が目指せます。その基礎として、学校における特徴を把握していれば、自分に合った学習指導が受けられます。全国の学校一覧や比較サイトなどを参考にしていけば、短期大学の良さや将来への活かし方などが分かるようになります。