医学部に合格したいなら塾選びが大切|難関校に入る方法

医師になりたい浪人生へ

医者と看護師

気になる1年間の費用は

医学部受験生にとっては浪人覚悟で受験することはある意味常識です。しかし実際に浪人するとなると気になってくるのは、1年間にかかる学費ですよね。もちろん自宅浪人する方もいらっしゃるでしょうが、勉強のペースメーカーとして予備校に通う方がほとんどでしょう。かくいうわたしも1年間医学部浪人するにあたって大手予備校に通いました。地元に通いたい予備校が無かったため電車を使って毎日通学していました。そういう場合学校法人として登録されている予備校なら、学割を適用することもできます。地方に住む医学部浪人生の人の中には寮に住む人もいます。いずれにせよ学費の他にも、交通費や生活費がかかるという点で、医学部受験は経済的な余裕がある家庭で無いと厳しいという一面があります。多浪したくないという人なら私立医学部も入れることもあるでしょう。そうなった場合大学の6年間の学費は安くて2000万円が相場ですから、奨学金の獲得などと考えないと一般家庭には医学部受験は大きな負担となります。では具体的な予備校の費用の話をしましょう。国公立医学部受験を目指して予備校に通うならば、一番安いのは大手に通うことでしょう。相場でいうと1年間の学費が約70万円ほどです。ただし忘れてはいけないのが、ここに夏期冬期の講習費が加算されるということです。予備校の勧める平均的な講座数で考えると、夏期冬期それぞれ15万程度かかります。つまり合計で100万は学費が必要ということです。予備校を決めるときは、経済的な条件なども、意識して決めると良いでしょう。