医学部に合格したいなら塾選びが大切|難関校に入る方法

医者と看護師

医師になりたい浪人生へ

医学部浪人生にとって、一番取りうる選択肢は大手予備校に通うことでしょう。そうなったとき気になるのは、1年間にどれだけ学費がかかるかでしょう。相場でいうと大手なら約70万円程です。しかし、講習費なども含めると100万程度になります。

学生

進学先に役立つ情報

短期大学は大学での学習内容を短期間で学び、実習や研修も多く行われる学習機関です。大学や専門学校とは違う特徴を持ち、卒業と同時に社会で活躍できるような育成もメリットのつです。その特徴を把握したうえで、慎重に進学先を検討していくことが大切です。

婦人

第三の受け皿

現在、東京の通信制高校の数が増えています。その多くがサポート校の格上げによるものです。そして、少子化にも関わらず、通信制高校は生徒数が増えているのです。今、問題となっている発達障害や不登校の子供が入学できる学校は限られています。通信制高校は、そのような子供の受け皿となっているのです。

選び方のコツとは

先生

一人一人にあわせた指導か

医学部は全学部の中でも最難関の学部です。独学で合格するのは非常に大変なため、多くの受験生は塾や予備校、家庭教師などを利用します。その中でも、最も多くの人が利用しているのが塾です。特に医学部専門の塾は、専門的な対策をとってくれるため費用対効果が高く、効率よく勉強を進めることができます。とはいうものの、医学部専門の塾はたくさんあり、選び方が成績にかなり影響します。医学部に最短で合格したいのならば、よい塾を選ばなければなりません。塾選びで重要なのは、一人一人に合わせた指導をしてくれるかどうかです。少人数であればあるほど望ましく、マンツーマン指導が受けられるならばそれが最もよいでしょう。マンツーマン指導であっても、家庭教師と塾が違うのは、仲間にあえることと、複数の講師に指導を受けられるため時間の融通がきくこと、家とは違い勉強に集中できる空間にいられることです。塾では集団講義が多くなりがちですが、難関である医学部受験には集団講義よりも個別の指導と繰り返しの演習が必要となります。講義があるとしても少人数で質問がしやすいところがよいでしょう。質問のしやすさは重要です。いつでも質問できる環境があるところがおすすめです。また、医学部生や医学部卒業生、医師などが常駐しているところは質問がしやすいだけでなく精神的支えともなるので特におすすめです。受験についての心構えや実際の体験談なども聞くことができ、不安になりがちな勉強期間を乗り越えやすくなります。